プロフィール


はじめまして。紺(こん)です。

ざっくり自己紹介
  • 30代前半
  • IT系の会社でSE(システムエンジニア)やってる会社員
  • 埼玉県生まれ / 埼玉県育ち
好きなもの
猫・ぺんぎん・ドライブ・ジブリ・動画見る・漫画読む・コーヒー


生きるために仕事をしていたはずなのに、いつの間にか仕事のために生きていることに気づきました。

  • 自分の人生これでいいのか?
  • もっと自由に好きなことやってもいいんじゃないのか?

 

思い悩んで考えた末に辿り着いたのがこのブログでした。

ごく普通の会社員である紺がこのブログを始めるまでのことをまとめました。ちょっと長いですが、お付き合いいただけたらと思います。

 

仕事優先で当たり前|だって、会社員だから

ビル

 

現在、私はIT系の会社でSE(システムエンジニア)をやっています。特にSEになりたかったわけではなく、IT系の専門学校に通っていたので周りに流されるように就職を決めました。

ひとり暮らしをしたいと思っていたので、それならまず就職しないと話にならないと思い、かなり集中した就活の末に内定をもらった会社でした。

 

社内研修後、とあるプロジェクトに配属となりました。とにかく忙しく、今でこそリフレッシュデーなどがありますが、当時そんな気遣いたっぷりの制度はありませんでした。

常に納期に追われていて、終電まで残業するのが当たり前でした。ひとたびシステムトラブルが起これば夜間・休日問わず呼び出しの電話が鳴りました。

自宅から職場まで車で何分かかるかを全員管理されていました。要は、呼び出しの電話からタクシーを使って何分で駆け付けられるか?ということを管理されていたのですね。

 

大人になるってそういうこと

社会人なんてそんなもん

みんな我慢してやってることだから

 

そうやって働いていくことに特に疑問は抱きませんでした。

でも、少しずつ体力と精神力は削られていきました。

 

休職、復職、そして病気になる

ついに心身ともにガタが来ました。

28歳のとき、うつ病と診断されて休職を余儀なくされました。昼夜問わず働く生活を8年も続けたある夏のことでした。

それでも懲りずに数ヶ月後に復職し、同じ会社に勤め続けました。

  • 会社を辞めたら生活ができなくなってしまう
  • 正社員で勤めていれば社会的にも安定しているから大丈夫

そんなふうに思っていました。

 

それから少し経った頃、家族ができて、一緒に暮らすようになりました。仕事中心の生活がガラッと変わりました。

お金を稼ぐ理由が「家族」になりました。家族を守るためにも、ずっと一緒にいるためにも無理をしすぎないようにしよう、でも頑張ってきちんとお金を稼ごうと思いました。

 

そんな中、「明日からチーム移ってくれ」と、チーム異動の通達がありました。

急な異動はこの業界ではよくある話です。でも、復職からようやくリズムを取り戻してきたと思った矢先のことで、ようやく慣れてきたのに大丈夫かな…と不安でした。

悪い予想は当たるもので、よりストレスのかかる人間関係のもと、よりハードな業務内容をこなすことになりました。

毎日職場がギスギスしていました。月曜日が来るのが心底憂鬱でした。

 

30歳になって間もないある日、左耳からほとんどの音が消えました。

ぐらんぐらんと視界が揺れ、めまいを起こして倒れたことに気づきました。

耳鼻科に行ったところ、「メニエール病」と診断されました。回転性のめまいや耳鳴りを起こす病気で、原因は解明されていないものの、ストレスと睡眠不足が関係していると言われていると説明を受けました。

会社に勤めながらストレスを溜めずによく寝るって、そんな会社員どこにいるんだ?と思いました。

 

  • 自分の人生なのに、仕事優先で、会社のために生きてきたんだな
  • だから、体がこんなになるまでわからなかったんだな
  • 20代の頃、若いからってあんなに頑張らなきゃよかったなぁ…

 

自分の人生なのに、他人の期待に応えることだけを考えて生きてきたことに、身も心もボロボロになってようやく気づきました。

 

それでも会社を辞められない現実


やっぱりお金がないと生活できないし、どんな仕事をしたってストレスや睡眠不足はつきもの、どこ行ったって大して変わらないと思っていました。

なので、せめて働き方だけでも変えようとしました。ストレスや睡眠不足が良くないなら、まずは残業をせずに定時で帰ろうと思い、実践していきました。

直接的に何か言われることはありませんでしたが、特に上の世代の人からはあまりいい顔はされませんでした。

  • 残業してなんぼ
  • 遅くまで働く=頑張っている
  • 定時でさっさと帰るのは自分勝手な奴

 

そんな風潮はいつも漂っているように思えました。

 

それでも、私はなるべく定時で帰るようにしました。一時的に頑張ることはできますが、無理をして長期で休むことになったらまた職場に迷惑ががかります。今後も働くためには細く、長くで働いていくしかありませんでした。

ただ、漠然とした不安はいつもありました。

  • いつ倒れるかわからない体をかかえて、私はいつまで普通に会社に勤めていられるんだろう?
  • 本当に働けなくなってしまったら、私は、私の家族は、どうなってしまうんだろう?

 

「人生このままじゃいけない」|紺が決意したきっかけ

このまま会社にいてはいけないと悟ったひと言

社内での評価面談をしたとき、上司から思いもよらない言葉が投げつけられました。

以前のお前だったら、自分の仕事が終わったからと言ってとっとと帰ったりせずに残業してでも同僚の仕事を手伝っていた。数年前と比較して仕事に対して消極的になった。

 

「昔は仕事第一だったのに」

「今はプライベートを優先しているとしか思えない」

 

それを聞いたとき、体の力が抜けていきました。私がどんな思いで定時に帰っていたかいくら説明したところで、もう何を言ってもこの人とは根本的にわかり合えないんだと悟りました。

  • 仕事第一で生きてこそ立派な社会人だ
  • 仕事のためならプライベートや家族を犠牲にしても仕方ない

そんな人生嫌だと思ってしまいました。このまま会社にいたら私もこうなってしまうのではないかと思うと、恐怖以外の何ものでもありませんでした。

 

時間だけは過ぎたら戻らないのに、今このときの家族とは二度と会えないのに、それを犠牲にしても仕方ないなんて生き方、私は絶対にしたくない。

「会社を辞めないといけない」と決意した瞬間でした。

 

ネットビジネス?聞いたことはあるけど…

かと言って今すぐに会社を辞めるわけにもいきませんでした。生活のため、お金を稼ぐ手立てが他になかったからです。

悶々としつつも様々な情報にアンテナを張っていました。そして、ひょんなことからあるネットビジネスの記事を目にしました。

  • 週休5日、多いときは週休7日で趣味に没頭する毎日
  • モノを買うときに値段は考慮する必要がない

 

……いや、それが本当ならうらやましい。まあ…………世の中にはそういう人もいるんだろうけど。

 

これが第一印象でした。いるんだろうけど、自分とは住む世界の違う、関係のない人たちだと思っていました。

でも、調べていくうちに「これ、もしかして私にもできるんじゃないか?」と思うようになりました。

  • 今までなんの実績がなくてもできる
  • ITの知識がなくてもできる
  • 初期費用が少ない
  • 在庫を持つ必要もない

失敗したところで大きく損することもなく(初期費用が少ないから)、私のような普通の会社員でもできそうでした。

何よりも魅力的だったのが場所と時間を選ばないということ。メニエール病となり、いつ具合が悪くなるかわからない私にとって、これ以上のお金の稼ぎ方はないんじゃないか?と思いました。

そして、私はネットビジネスを始めることにしました。

 

でも、いざ始めてみると…

なかなか上手くいかず、ネットビジネスを諦めかける

ネットビジネスを知れば知るほどいろんなやり方があり、そして、同じだけいろんな人がいることを知りました。「これは絶対嘘だろ…」としか思えないようなうさんくさい情報がそこら中に転がっていて、うんざりする日もありました。

ネットビジネスなんて全く知らないただの会社員とは言え、こちらも一応は10年超の社会人生活を送っている身です。「タダより高いもんはない」、「タダで好き好んで他人に金儲けの方法なんて教える奴なんかいない」と思うくらいには心が荒んでいたので、少しでも怪しいと思った情報は片っ端から切り捨てていきました。

 

それでも数ある情報の中には純粋に知りたい、やってみたいものがあって、勉強しては実践し、勉強しては実践し、を繰り返しました。最初から上手くいくはずもなく、成果が出る日なんて本当に来るのかと思うときもありました。

  • やっぱり自分は成功するなんて無理なんじゃないか?
  • 普通に転職でもしたほうが楽に生きられるんじゃないか?

弱気になって実際に転職活動に片足を突っ込んだこともありました。

 

それでも諦めきれなかった理由とは?

やっぱりネットビジネスを諦められなかったのは、「いつまでも家族としあわせに人生過ごしたい」という思いがあったからでした。

転職したって結局は雇われる身で、いつかまた会社に不満を持って同じことを繰り返すのはわかっていました。一時的には楽になっても、会社に勤めている限り本当の自由は手に入らないと思いました。

  • 本当に自分がやりたいことはなんなのか?
  • 私が手に入れたい「自由な人生」ってなんなんだ?

時には手を動かしながら徹底的に考え抜きました。人に言われたからではなく、自分の頭だけで考えました。長い葛藤を経て、ようやく自分のやりたいことがわかりました。

そして、このブログを立ち上げるところまで辿り着くことができました。

 

これからやりたいこと

 

  • 1日のほとんどを仕事に費やしている
  • 夜遅くまで仕事をしていて、心身ともにへとへとになっている
  • 忙しさにかまけてまともに家族との時間を過ごせていない

 

「でも、お金のために会社を辞められない」という方がたくさんいると思います。私も何度「仕事だから仕方ない」と自分に言い聞かせたか、数えたらキリがないくらいです。

そういう方に知っていただきたいのは、仕事を最優先にするような生き方をしなくていいんだということ。もっと自由に「好き」を選んでいい生き方があるということ。お金を理由にそれらを諦めないでほしいということ。

そして、そんな生き方をするための唯一とも言える手段がこの”ブログ”だと思っています。

会社員でいる限り、日中はもちろん通常業務で忙しいです。会社に行くだけでも疲れます。帰る頃にはへとへとです。その上、ブログなんてやってる時間ないよ!となるのもわかります。

 

でも、私はやってみようと思います。

今は何の実績もない私ですが、このブログを続けてさえいえば、1記事目からどのように成長していくのかをみなさんに包み隠さず伝えていくことができます。

「会社員でもブログできるんだ」、「この人でもできるなら自分にもできるかもしれない」、そうやって誰かの背中を押すきっかけになれて、少しでも今までと違う生き方の始まりになれたらうれしいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!