時間がなくて挫折?|社会人向けに時間の作り方を教えます!

時間の作り方|忙しい人向け

 

” ブログを書いている時間がない… ”

既にブログをやっている方、あるいはこれからブログをやろうとしている方であれば一度は思い悩んだことがあるのではないでしょうか。私、紺もこのブログを続けるにあたりまずぶつかったのが「とにかく時間がない!!」という問題でした。でも、時間ないと言っていても時間が増えるわけもなく…

考えた結果、ブログを始めた当初、時間を作るところから始めないと挫折すると悟りました。

この記事では、「会社員の紺が、どうやってブログ書く時間を作ったのか?」、「会社員をやりながらブログを続けていられる理由は?」という挫折しない時間の作り方について書いていきます。

 

自分のことなのに意外と知らない?|普段の過ごし方を整理する

私はIT系の会社に勤めています。平日は8時間勤務、休日は土日祝日という、ごく一般的な会社です。(休日出勤もある件は全力で置いておきます)

ブログを書く時間を確保するため、まずは「ブログを書いていない現時点の自分」は普段どんな過ごし方をしているのか?ということを整理しました。

平日の過ごし方

まずは平日の過ごし方を整理します。そこまで細かい区切りはせず、ざっくり分けてみます。

ざっくりした平日の過ごし方
  • 会社に行く(所要時間:約1時間半)
  • 12時まで働く
  • 昼休み(所要時間:1時間)
  • 定時まで働く
  • 家に帰る(所要時間:約1時間半)
  • 家族(猫も含む)と過ごす
  • 24時くらいに寝る

…典型的な『家と会社の往復』ということがわかりました。

休日の過ごし方

次に休日の過ごし方です。日によってバラつきがあるため、平日よりもざっくりと分けてみます。

ざっくりした休日の過ごし方
  • がっつり寝る
  • 家族(猫も含む)と過ごす
  • 猫と遊びまくる
  • 家族と共通の趣味をやる
  • のんびり家事をやる
  • 買い物、家族関連のお出かけをする

時間の区切りはありません……。休日ですから、こういうのでよしとします。笑

作業を”やりたくない”時間を決める

作業をやりたくない時間を決める

普段の過ごし方を平日・休日に分けて整理しました。

次に、整理した時間をもとに作業をやらない”時間を決めます。仕事など、作業をやれない時間もありますが、その他に作業を”やりたくない”と思っている時間をはっきりさせます。

 

これがすごく重要です!

 

作業を「やりたくない」と思っている時間とは、作業することはできるけど、いろいろな理由から自分がやりたくないと思っている時間のことです。

例えば、私の平日の過ごし方でいうとこんな感じ。

ざっくりした平日の過ごし方(作業やらない時間)
  • 会社に行く(所要時間:約1時間半)
  • 12時まで働く 【作業できない】
  • 昼休み(所要時間:1時間)
  • 定時まで働く 【作業できない】
  • 家に帰る(所要時間:約1時間半)
  • 家族(猫も含む)と過ごす 【作業やりたくない】
  • 24時くらいに寝る 【作業できない】

この『家族(猫も含む)を過ごす』時間は自由な時間なのでブログにあてることは十分できる時間です。でも、誰よりも私がこれは譲れないと思って大事にしている時間なので、これが減る・なくなるとなると、ものすごくストレスが溜まります。(家族の仲も悪くなったらどうする……そうなったら本末転倒です!)

その結果、ブログ自体を挫折してしまう可能性が高くなります。なので、自分が作業を”やりたくない”と思っている時間をはっきりさせることが重要になってきます。

すきま時間をフル活用

作業やらない時間を決めたことにより、消去法で作業のできる時間が浮かび上がりました。私の場合、それが平日の通勤時間昼休みとなりました。

通勤時間を使う

通勤時間を使う

通勤時間が約1時間半、そのうち電車に乗っている時間が1時間ちょっとあります。今まではスマホで漫画を読んだり、ゲームしたりしていましたが、あれば楽しいけどなくてもいい時間だったので、これを思いっきりブログ書く時間にあてることにしました。

満員電車の身動きの取れない中、小さくなりながらポチポチ文字を打つのはなかなかつらいものがありましたが(笑)、記事を書くだけならスマホでもできることを身をもって体験しました。

ただ、画面が小さいため、デザインをいじるのは不向きだと感じました。なので、スマホで記事だけ書く ⇒ パソコンでデザインを整えるという流れが通勤時間の長い会社員にとっては一番効率のいい時間の使い方かなと思います。

昼休みを使う

昼休みを使う

12時から13時、どこのお店も混んでいます。お店に並んで、お昼ごはん食べて、会社に戻って…なんてやってるとあっという間に30~40分経ってしまいます。

時間ももったいないので、私はお昼ごはんを持って行って自分の席で食べることにしました。これなら12時なった瞬間から1秒も待たずにお昼ごはんを食べられます。15分後くらいには食べ終わっているので、45分もブログにあてられます。しかもお財布にもやさしい。←重要

やることは通勤時間とさして変わりませんが、物理的なスペースが確保されている分、持っている方はタブレットなど、2台目以降の端末を使って作業することもできます。

挫折しない時間の作り方|まとめ

ブログを挫折しない時間の作り方について書きました。

それぞれ普段の過ごし方があると思うので、ぜひ「これだ!」という、無理なく続けられそうな、あなただけの方法を見つけてみてくださいね。

次回以降の記事では、「実際に使っているアプリ・ツールは?」、「何を使って記事を書けばいいの?」など、IT業界のSE(システムエンジニア)っぽい目線も入れた内容を書こうと思います。記事の内容』だけに集中して時間を割けるよう、すきま時間を使えたり、時間短縮できたりするようなツールはじゃんじゃん使っていきましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SE(システムエンジニア)をやっている会社員。
28歳のときにうつ病、30歳のときにメニエール病と診断。

会社収入に頼らず生きていくため、2019年にブログを開始しました。

※猫・ぺんぎん・ドライブなどが好き